社説 – MIP's Japanese Buyers' Guide 2022 launched
Managing IP is part of Legal Benchmarking Limited, 4 Bouverie Street, London, EC4Y 8AX
Copyright © Legal Benchmarking Limited and its affiliated companies 2024

Accessibility | Terms of Use | Privacy Policy | Modern Slavery Statement
Sponsored content

社説 – MIP's Japanese Buyers' Guide 2022 launched

Editorial cover image.jpg

Managing IP has partnered with leading IP experts to share analysis of the IP landscape in the Asian markets that are significant for many Japanese companies

インド、中国、韓国、およびフィリピンの実務家たちは、日本企業の知識を高めるために自身の知識を活かし、それらの知識は、さまざまな国に展開する会社概要や、さまざまな管轄区において獲得しているIP Starsの特許ランキングによって証明されています。

IPの保護および収益化を行うことで、重要度が高まっている管轄区に焦点を当てたインド、およびその他上記3ヶ国で確固たる地位を築くことができます。本書では、以下の質問に対してお答えいたします。

  • どの機関がインドのIP分析において重要な役割を担っていますか?

  • インドの特許手続きにおいて、不足している繋がりは何ですか?

  • インドでの特許出願は、どのように改正することができますか?

Remfry & Sagarでは、デリー最高裁判所がIP法律学を効率化および簡素化する動きを見せていることから、インド全体が見習うべき例として紹介しています。同社は、IP保護や、IPに係る論争解決に遅れが生じた場合、経済的価値や知的資産を脅かす恐れがあると指摘しています。

Anand and Anandは、インドの特許システムでは認可通知の発行がないことによって、特許出願者が、特に出願のタイミングについて理解できていないと述べています。本記事では、米国、欧州特許庁(EPO)の管轄区、およびオーストラリアでインドの特許システムを使用した場合について比較しています。

Obhan & Associatesは、インドの特許申請手続きに焦点を当て続け、特許申請が改正できる状況がいかに限られているのかについて詳細を述べています。調査員は、申請者が改正を行う際に気を付けるべき点について説明しています。

Liu Shen & Associatesは、外国企業が中国で調査および開発を行いたいと考えているのが主流だと報告しています。中国支部をもつ外国企業、または中国に本拠地をおく外国企業は、従業員発明制度について完全に理解する必要があります。

FirstLaw PCは、2017年に制定された一方的な 特許解消申請制度の導入以降の統計的傾向を分析しています。解消申請は、化学/金属工学の分野で最も多く利用されている一方で、日本の特許主は、大半が特許解消されたケースに扇動された海外法人から構成されています。電子工学が次に活動的な分野で、この分野における日本企業の影響力を示しています。

Hechanova Groupは、主にフィリピンにおける商標登録について疑問を投げかけており、その疑問について組織的な方法で回答しています。登録手続きは、フィリピン特許庁に直接出願するか、マドリッド制度を通して出願するかのいずれかの方法となり、本記事では、両方の出願方法を案内しています。

日本人バイヤー向けガイドでは、IPに関するその他多くの質問に回答しており、他のアジア管轄区にまで及ぶIP保護について考慮するべき日本のビジネスにとって、有益な情報資料となっています。

more from across site and ros bottom lb

More from across our site

Managing IP reveals Tuesday’s highlights, including an illuminating discussion celebrating women in the workplace and the challenges that remain
Dana Northcott, INTA’s 2024 president and associate general counsel for Amazon's IP team, talks about her work for the association
Managing IP reveals highlights from the INTA Annual Meeting, including law firms’ diversity and ESG concerns and a new beginning for a Chinese firm
Firms with a broad geographic reach are more likely to win work, especially from global companies with high turnovers, according to survey data of nearly 29,000 corporate counsel
IP STARS, Managing IP’s accreditation title, reveals its latest rankings for trademark work today, including which firms are on the up
Highlights from Sunday included judicial insight from across the globe and a keynote address from Martin Luther King Jr’s daughter
Managing IP’s senior reporter Rani Mehta interviewed attendees at the INTA Annual Meeting in Atlanta about how they made the most out of their first day
A team of lawyers who joined Norton Rose Fulbright from Polsinelli say they were drawn to the firm's global platform
We provide a rundown of Managing IP’s news and analysis from the week, and review what’s been happening elsewhere in IP
Lawyers say a ruling concerning liability for trademark infringement could give company directors an easy way out and create litigation uncertainty
Gift this article