InternationalUSRemember you can easily switch between MIP US and MIP International at any time

Singapore updates its patent examination practice




Jonas Lindsay of Marks & Clerk analyses the implications of changes to the examination system in Singapore and the imminent closure of the foreign route

An important change to Singapore patent examination practice will take effect on January 1 2020. Patent applications filed after this date will no longer be able to use a non-technical modified examination procedure. Instead, these applications will have to undergo substantive examination conducted by the Intellectual Property Office of Singapore (IPOS). Since substantive examination will entail examination of technical issues, having a Singapore patent attorney with a relevant technical background in the subject matter of the case will now be important in all cases.

For applications currently pending, applications filed before January 1 2020 and PCT national phase applications based on a PCT application filed before January 1 2020, there are three possible examination routes. These routes are the local route in which IPOS carries out search and examination; the mixed route in which IPOS carries out examination based on a search carried out on a corresponding application; and the so-called foreign route in which allowance is based on the allowance of a corresponding foreign application. However, for applications filed on or after January 1 2020 the foreign route will no longer be an option.

Local examination routes – the local route and the mixed route

Under the local route, IPOS carries out search and examination. This route is the simplest in terms of formal requirements and it is also the most costly in terms of official fees.

For applications following the mixed route, examination is carried out by IPOS on the basis of search results of a corresponding foreign application. A corresponding application may be a US application, a UK application, a Korean application, an Australian application, a New Zealand application, a Canadian application, or a PCT application related to the Singapore application through either a priority link or via a PCT application. For European applications and Canadian applications, the application must be in English to be usable. An examination fee is payable for the mixed route, and this official fee is lower than that for the local route.

For both the local route and the mixed route, the deadline for requesting examination is 36 months from the earliest priority date of the application. It is also possible to request that a separate search is carried out by IPOS and then later to request examination based on the results of the search. This option is very rarely used since the cost is higher than requesting combined search and examination.

The foreign route – modified examination

The foreign route allows applications to be granted in Singapore based on modified examination (also known as supplementary examination) on the basis of a positive examination outcome of a corresponding application. This positive examination outcome may be a notice of allowance issued for an application or an international preliminary examination report (IPRP) indicating allowable claims issued for a PCT application.

Under modified examination, a limited examination is carried out by IPOS in which formality checks are carried out. However, there is no examination of novelty or inventive step. There is no official fee for requesting modified examination. The deadline for requesting modified examination is 54 months from the priority date of the application. If this deadline is reached and no suitable corresponding application has been allowed, it is possible to reset the examination deadlines by filing a divisional application. However, any divisional applications filed on or after January 1 2020 will not be eligible for modified examination. For such divisional applications, local examination would have to be requested. Thus, after January 1 2020, the option of extending the deadline for requesting modified examination by filing a divisional application will no longer be available. In some cases, it may be advisable to file a divisional application before January 1 2020 in order to maintain the option of the foreign route for the divisional application.

Currently, the majority of applications prosecuted in Singapore follow the foreign route. The main reasons for this are cost and simplicity of procedure.

The procedure for prosecution of a patent application using the foreign route involves ensuring that all formal requirements are addressed. Since modified examination does not involve a substantive examination of the subject matter of the claims, there is generally not a requirement for a patent attorney to have a relevant technical background.

Local examination procedure

As described above, applications filed on or after January 1 2020 will have to undergo local examination by IPOS. This local examination can either be based on a search carried out by IPOS or based on the search results of a corresponding application. Under the local examination procedure, an application is examined by an IPOS examiner. If the examiner has any objections, a written opinion is issued with a five month deadline for response. In response to the written opinion, the applicant may file arguments and amendments. The examination procedure finishes with the issuing of an examination report for the application. If there are no outstanding objections, a positive examination report is issued with a notice of eligibility for grant. If there are remaining objections, a negative examination report is issued with a notice of intention to refuse the application. In the event that a negative examination report is issued, the applicant may file a request for re-examination which provides a further opportunity to respond. Alternatively, a divisional application may be filed and a new examination procedure commenced.

It has recently been the practice of IPOS to issue only two written opinions in the examination of an application and if objections remain following the response to the second written opinion, IPOS will issue a negative examination report with a notice of intention to refuse the application. Thus, the number of opportunities to respond to objections is limited and it is therefore important to address all potential objections at an early stage. One strategy is to conduct a review of the application prior to requesting local examination and consider whether amendments are necessary in view of Singapore practice. Such a review may take into account the Singapore approach to patentable subject matter and in the case of a PCT national phase application any objections raised against the application in the international phase. Following the review, any amendments can be filed before requesting examination. This maximises the opportunities to amend the application since there are still two opportunities to amend the application during the examination procedure.

Even after the foreign route option becomes unavailable, if there is a permitted foreign application it may be possible to expedite the Singapore local examination procedure using the patent prosecution highway (PPH). For example, there is a PPH agreement between the Japan Patent Office and IPOS, and the allowance of a Japanese patent application can be used to accelerate the examination of the corresponding Singapore patent application. Under PPH, the examination fee would still be payable to IPOS. It is generally possible to rely on the search carried out by the JPO so such an application can be prosecuted under the mixed route. Currently the number of applications using the PPH between Japan and Singapore is very low because if a corresponding Japanese patent application is granted, an applicant can use the foreign route for the Singapore application.

The ASPEC programme – an advantage of local examination

One advantage of the local examination route is that it allows the use of the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) Patent Examination Co-operation (ASPEC) programme. The ASPEC programme is a work-sharing programme between the patent offices of Brunei Darussalam, Cambodia, Indonesia, Laos, Malaysia, the Philippines, Singapore, Thailand, and Vietnam. Under the ASPEC programme, the allowance of a patent application by one of the participating patent offices can be used to accelerate processing of patent applications in the other participating patent offices. To make use of the ASPEC programme, a search and examination by one of the participating patent offices is required. Therefore it is not possible to base an ASPEC request on allowance of a Singapore patent application by the foreign route. Several of the patent offices participating in the ASPEC programme have large backlogs and applicants often experience long delays. The ASPEC programme is an effective way to accelerate applications in such patent offices and it typically takes around six months for an office action to be issued following an ASPEC request. The ASPEC programme is similar to the PPH programme. One notable difference between the ASPEC programme and the PPH programme is that while many ASEAN countries participate in PPH programmes with countries such as Japan, for some countries such as Vietnam there is a limit to the number of cases which can be accelerated in one year and this limit is often reached quickly. There are no such limits on the number of cases which can be accelerated through the ASPEC programme.

Issues raised by the closure of the foreign route

As discussed above, the changes to the Singapore examination procedure raise a number of issues for applicants. For applications filed after the changes take effect, the foreign examination route will no longer be an available option. One result of this is that cost of prosecuting applications in Singapore is likely to increase, both due to the additional official fees payable for the local examination routes and the additional cost of responding to written opinions issued by IPOS.

In many cases, the most cost-effective route is likely to be the mixed route since this has the lowest official fees of the local examination routes. In cases where a corresponding application has been allowed, the PPH programme may be useful to expedite the Singapore examination process. This will not reduce the official fees but does provide ways to potentially have a Singapore patent allowed with claims aligned with the corresponding foreign application.

In other scenarios, it may be advisable to request search and examination at IPOS. For example if the applicant wishes to make use of the ASPEC programme to accelerate prosecution of patent applications in other ASEAN countries. Further, in certain circumstances, it may be possible to secure broader protection in Singapore than in other jurisdictions. One such example is for patent applications related to computer-implemented inventions. Compared with jurisdictions such as Europe, IPOS takes a relatively lenient approach to patentable subject matter. Therefore, going through local examination in Singapore may lead to broader protection than is possible based on a corresponding application.

The role of Singapore patent attorneys prosecuting patent applications before IPOS will also change. Since substantive examination will be carried out under local examination, having a Singapore patent attorney with a relevant technical background in the subject matter of the case will now be important in all cases.


シンガポール特許審査実務の変更

シンガポールの特許の審査実務に重要な変更は、2020年1月1日に有効になる。この日より後に出願された特許出願は、技術的でない修正審査手続を使用することはできなくなる。代わりに、これらの出願はシンガポール特許庁(IPOS)による実体審査を受けなければならない。実体審査は技術的問題の審査を伴うので、事件の主題に関連する技術的背景を持つシンガポールの弁理士は、すべての場合において今や重要になる。

現在係属中の出願、2020年1月1日前に出願された出願、および2020年1月1日前に出願されたPCT出願に基づくPCT国内段階出願については、3つの審査ルートがあります。この審査ルートは、シンガポール特許庁(IPOS)が調査及び審査を行っているローカル・ルート、IPOSが対応する出願の調査結果に基づく審査を行っているミックス・ルート、及び許可は、対応する外国出願の許可に基づいている、いわゆる外国ルート。ただし、2020年1月1日以降に提出された出願については、「外国ルート」は締め切られる。

ローカル審査ルート:ローカル・ルートとミックス・ルート

ローカル・ルートの下で、IPOSは調査と審査を実行する。このルートは、正式な要件の観点からは最も単純であり、公認料金の観点からも最もコストがかかる。

ミックス・ルートをたどる出願については、対応する外国の出願の調査結果に基づいてIPOSによって審査が行われる。対応する出願は優先権またはPCTリンクによるシンガポール出願に関連する外国出願またはPCT出願。米国の出願、英国の出願、韓国の出願、オーストラリアの出願、ニュージーランドの出願、カナダの出願は、対応する出願にすることができる。ヨーロッパの出願およびカナダの出願の場合、対応する出願として使用できるようにするには、出願は英語でなければならない。ミックス・ルートについては審査料が支払われ、この公認料はローカル・ルートよりも低くなる。

ローカル・ルートとミックス・ルートのどちらについても、審査請求の期限は出願の最優先日から36ヶ月。IPOSによる別の調査の実施を要求し、その後その調査の結果に基づいて調査を要求することも可能です。 このオプションは、調査と審査を組み合わせて要求するよりもコストが高いため、めったに使用されない。

外国ルート:修正審査

外国ルートでは、対応する出願の肯定的な審査結果に基づいて修正審査に基づいてシンガポールで出願を認めることができる。修正審査は補充審査としても知られている。肯定的な審査結果は、出願に対して発行された手当の通知、またはPCT出願に対して発行された許容される請求を示す国際予備審査報告書(IPRP)である可能性がある。

修正審査では、正式審査が行われるIPOSによる限定審査が行われる。しかし、新規性や進歩性についての審査はない。 修正審査を要求するための公認料金はない。 修正審査を請求する期限は、出願の優先日から54ヶ月。

この期限に達したときに適切な対応出願が認められなかった場合は、分割出願を提出することによって審査期限を再設定することが可能。しかし、2020年1月1日以降に提出された分割出願は、修正審査を請求する資格はない。このような分割出願については、ローカル審査を請求する必要がある。したがって、2020年1月1日以降、分割出願を提出することによって修正審査を請求するための期限を延長する選択肢はもはや利用できなくなる。場合によっては、分割出願の外国ルートの選択肢を維持するために、2020年1月1日より前に分割出願を提出することをお勧めする。

現在、シンガポールで起訴されている出願の大多数は外国のルートをたどっている。 これの主な理由は費用と手順の単純さ。

外国ルートを通じた特許出願の審査手続は、すべての正式な要件が満たされていることを確認することを含む。修正審査はクレームの主題の実体審査を含まないので、弁理士が関連する技術的背景を持つことを一般的に要求しない。

ローカル審査の手続き

上記のとおり、2020年1月1日以降に提出された出願は、IPOSによるローカル審査を受けなければならない。このローカル審査は、IPOSによって実行された調査または対応する出願の調査結果に基づいて行うことができる。ローカル審査手続の下で、出願はIPOS審査官によって審査される。審査官が異議を唱えた場合は、回答する5ヶ月の期限がある意見書が発行される。意見書に応えて、出願者は弁論および補正を提出することがでる。審査手続は、出願の審査報告書の発行により終了する。未解決の異議がない場合は、付与の適格性を通知する前向きな審査報告書が発行される。まだ異議がある場合は、出願を拒否する意思のある通知とともに、否定的な審査報告書が発行される。否定的な検査報告書が発行された場合には、出願者は再審査の請求を提出することができ、これはさらなる応答の機会を提供する。あるいは、分割出願を提出して、新しい審査手続を開始することができる。

最近、IPOSは、出願審査において2つの意見書のみを発行することを慣習としている。二回目の意見書に対する回答の後も異議が残っている場合、IPOSは出願を出願を拒否する意思のある通知して否定的な検査報告書を発行する。したがって、異議に答える機会の数は限られている。 したがって、すべての潜在的な異議に早期に対処することが重要。

一つの戦略は、ローカル審査請求する前に出願の見直しを行い、シンガポールの実務を考慮して修正が必要かどうかを検討すること。 そのような見直しは、特許性のある主題へのシンガポールのアプローチ、およびPCT国内段階出願の場合、国際段階でのその出願に対して提起された異議を考慮に入れることができる。 見直し後、審査を請求する前に修正を加えることができる。 審査手続の間に出願を修正する機会はまだ二つあるので、これは出願を修正する機会を最大化する。

外国ルート・オプションが利用できなくなった後でも、許可された外国出願がある場合は、特許審査ハイウェイ(PPH)を使用してシンガポールの現地審査手続を迅速化することが可能。例えば、日本国特許庁とIPOSとの間にPPH契約があり、日本の特許出願の許可は、対応するシンガポールの特許出願の審査を早めるために使用することができる。PPHの下では、審査手数料は依然としてIPOSに支払われる。そのような出願がミックス・ルートの下で起訴されることができるようにJPOによって行われた調査に頼ることは一般的に可能。現在、日本とシンガポールとの間でPPHを使用する出願の数は非常に少ない。この理由は、対応する日本の特許出願が認められれば、出願人はシンガポール出願のために外国ルートを使用することができる。

ASPECプログラム – ローカル審査の利点

ローカル審査ルートの一つの利点は、それがASEAN特許審査協力(ASPEC)プログラムの使用を可能にすることです。ASPECプログラムは、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの特許庁間のワークシェアリングプログラム。ASPECプログラムの下では、参加している特許庁のうちの一つによる特許出願の許可は、他の参加している特許庁における特許出願の処理を加速するために使用することができる。ASPECプログラムを利用するには、参加している特許庁による調査と審査が必要。 したがって、外国ルートでシンガポール特許出願の許可にASPEC要求を基づかせることは不可能。ASPECプログラムに参加している特許庁のいくつかは大きな未処理分を持っており、出願人はしばしば長い遅れを経験する。 ASPECプログラムは、そのような特許庁での出願を迅速化するための効果的な方法であり、ASPEC要求に続いてオフィスアクションが発行されるまでに通常6か月かかる。 ASPECプログラムはPPHプログラムに似ている。 ASPECプログラムとPPHプログラムの大きな違いの一つは、多くのASEAN諸国が日本などの国々とのPPHプログラムに参加していますが、ベトナムなどの一部の国では、1年で加速できる症例数に制限があるということ。 この制限はしばしばすぐに達せられる。 ASPECプログラムを介して加速することができる出願の数にそのような制限はない。

外国ルートの閉鎖によって提起された問題

上述したように、シンガポールの審査手続の変更は、出願者にとって多くの問題を提起する。変更が効力を生じた後に提出された出願については、外国の審査ルートはもはや利用可能な選択肢とはならない。その結果、ローカル審査ルートに対して支払われる公認手数料とIPOSが発行した意見書に対応するための追加費用の両方により、シンガポールでの出願の手続きの費用が増加する可能性がある。

多くの場合、最も費用対効果の高いルートはミックス・ルートである可能性がある。これは、ローカル審査ルートの公認料金が最も低いため。 対応する出願が許可されている場合、PPHプログラムはシンガポールの審査プロセスを迅速化するのに役立つ。 これは公式の手数料を減らすことはないが、対応する外国の出願と一致する請求でシンガポールの特許を許可する可能性を秘めた方法を提供する。

他のシナリオでは、IPOSで調査と審査を請求することを勧める。 例えば、出願人がASPECプログラムを利用して他のASEAN諸国における特許出願の手続きを促進したい場合。 さらに、特定の状況下では、シンガポールでは他の地域よりも幅広い保護を確保することが可能な場合がある。 そのような一例は、コンピュータ実施発明に関する特許出願のためのもの。 ヨーロッパのような管轄と比較して、IPOSは特許性のある主題に対して比較的緩やかなアプローチを取る。 したがって、シンガポールでローカル審査を受けることは、対応する出願に基づいて可能であったものよりも広い保護につながる可能性がある。

IPOSの前に特許出願を手続きするシンガポールの弁理士の役割も変わる。 実体審査はローカル審査の下で行われるので、事件の主題に関連する技術的背景を持つシンガポールの弁理士を採用することは、あらゆる場合において今や重要になる。

Jonas Lindsay
 

Jonas Lindsay is a registered Singapore patent attorney, a chartered UK patent attorney and is also European qualified. He worked in the London office of Marks & Clerk for seven years before transferring to the Singapore office in 2015. He specialises in software and electronics patent matters and has particular expertise in computer-implemented inventions in areas such as fintech and artificial intelligence. Jonas speaks Japanese and regularly visits Japan. He has given many presentations in Japanese on Singapore patent law and patent prosecution in the ASEAN region.

Jonas was named an IP Rising Star in 2018 by Managing Intellectual Property.

ジョナス・リンジーは、シンガポールの弁理士、英国の弁護士であり、ヨーロッパの資格持っています。2015年にマークス・アンド・クラークのロンドンの事務所で7年間働いた後、シンガポールの事務所に異動しました。ソフトウェアとエレクトロニクスの特許の主題を専門としています。フィンテックや人工知能などの分野で、コンピューターで実装された発明に特に専門知識を持っています。日本語が話せるようになり、定期的に日本を訪問します。 シンガポールの特許法やASEAN地域での特許手続きについて、日本語で多くの発表をしてきました。

2018年に「Managing Intellectual Property」により「IP Rising Star」に選ばれました。



Comments






More from the Managing IP blog


null null null

nullnullnull

null

July /August 2019

AI and IP: the view from above

Managing IP speaks to the directors of WIPO and the EUIPO to gauge their views on AI, asking how the technology can help the offices be more efficient and whether job losses are inevitable



Most read articles

Supplements