This content is from: Thailand

COVIDの影響: 医療用マスクの偽造

COVID-19のパンデミックは、世界中が全く想定外で準備ができていない中起こったことは間違いありません。一部の国、特に東南アジアでは、非常に上手にこの嵐を切り抜けてきた国もありますが、多くの国はまだこの未曾有の現実に直面していたり、健康への影響を否定したりして、人々に犠牲を強いることになっています。一方で経済的な影響について否定する者はおらず、グローバル規模で壊滅的な被害を及ぼしており、いかなる国も経済も影響を受けなかったところはありません。

残念ながら、ブランド所有者は、偽造者がCOVID-19によって生じた市場の状況に漬け込むスピードに対しても全く備えがありませんでした。ブランドのフェイスマスクは大流行しており、タイをはじめ世界中のすべての主要なオンライン販売市場、小規模店舗やキオスクなどで販売されています。ブランド所有者は、このニッチな製品に関して自社の商標を登録するということは、これまで考えたことがありませんでしたが、現在では多くの人が検討しています。COVIDの健康への影響について否定しているようなその他の国々は、これらは単なる通過点に過ぎず、私たちが皆嫌うマスクの着用が正常になっており、今後しばらくこの状況が続く(いつか終わるとすれば)という事実を受け入れていない人々もいます。東南アジアには、2009年のH1N1の発生から残っているマスクの残存市場が既に存在しました。COVIDの発生前でも公共交通機関において20 人に一人 くらいの人たちが医療用マスクを着用している姿を目にすることは珍しくありませんでした。COVID発生以降、多くの専門家が2022年までではないにしても、完全に来年のほとんどの期間にわたって続くと予想しており、特に公共交通機関での日常のマスク着用が世界中の人々に浸透し、社会的に習慣になることは、単なる想像の産物ではありません。2020年4月の時点で、フォーブスは少なくとも20のファッションブランドが既に純正のブランド品マスクを販売しており、非常に人気を集めていると報告しています。ブランド所有者、特に偽造の最も一般的な被害者である高級ファッションブランドの所有者は、直ちに施行戦略にフェイスマスクを追加する必要があります。マスクなど無くなって欲しいと願ったり、否定したりするだけであれば、御社のブランドは、現実の否定や不適切なリーダーシップによって感染爆発が引き起こされた米国やブラジルの善良な市民に降りかかっている悲劇のように、マスクの偽造に直面するでしょう。そして、御社のブランドの信用と評判を代償に偽造品が蔓延するでしょう。


登録なしで執行するには?純正素材で作られたマスク

私たちの知る限り、COVIDの発生前には、医療用マスクメーカーを除いて、マスクの商標登録をしていたブランド所有者は1件もありませんでした。東南アジア諸国の多く、特にタイでは、未登録の商標はほとんどまたは全く保護されていません。したがって登録商標侵害を理由にタイの商標法に従って行動を起こすには、商標が使用されている特定の商品に商標を登録する必要があります 。 そのため、ブランドマスクが市場で爆発的な売れ行きを見せた時、ブランド所有者は面食らいました。

私たちは、偽造者の「創造性」、マスクの偽造、そして商標侵害の急増を明確に示す事例をすでに目の当たりにしています。ブランド所有者は、驚くほど本物そっくりの商標が付いたマスクを販売するインスタグラムのアカウントを発見し、在庫が殆ど無くなっていたにもかかわらず、真剣に懸念していました。この訴訟は、販売されているマスクが、ブランド所有者が純正の製品一つを購入する一人一人の顧客に提供する純正の別の用途に使われた布バッグから作られていたという点で、近年の日本と米国で発生した2つの草分け的な問題である ルイヴィトン(Louis Vuitton) vs ジャンクマニア(Junkmania)訴訟 と ロレックス(Rolex) vs ラ・カリフォルニア(LaCalifornien)訴訟に非常に類似していました。ジャンクマニアとラ・カリフォルニアと同様に、偽造者はマスクがフェイスマスクとして再利用された純正の素材から作られ、ブランド所有者によって作られたものではないことを明確に表示していました。ただし、マスクはブランド所有者の純正ロゴがマスク正面の真ん中に配置されるように作られており、それをブランド所有者の純正ギフトバッグから作られたマスクと組み合わせると、一般市民が一目でマスクはブランド所有者の純正製品であると印象付けられます。これは明らかに、ブランド所有者の商標と素材を意図的に使用して、マスクを本物の製品として渡し、世界的に有名なブランドの善意との評判に便乗したものです。

さらに憂慮すべきだったのは、ブランド所有者の代表者が偽造者に対する証拠収集のためにトラップ購入を行い、実際にマスクを郵送で受け取った際に、それは明らかに誰かの単なるホームプロジェクトではなく、専門的に機械製造され。ブランド所有者は、商標と素材が本物のギフトバッグのものであることを確認しました。つまり誰かが使用済みのギフトバッグを購入・調達して、高品質の偽造マスクを大量生産していたのです。これは公衆に誤解を与えることで、明らかに、そして直接的にブランドの信用と評判を損なうことに繋がるため、大きな懸念事項でした。

ブランド所有者にとって幸いなことに、タイでは、この種の侵害について、世界中のほとんどの管轄区域の一歩先を行くような刑法の条項があまり使われていません。タイにおける詐称通用には2つのタイプがあり、一般的に使用される条項は商標法第46条にあります。第1段落は未登録商標の商標侵害に基づく訴訟を禁止していますが、第2段落では次のように述べています。

「本条の規定は、未登録商標の所有者が商品の偽造を商標所有者のものとして訴訟を起こす権利に影響を与えないものとする。」

条項は適切に聞こえますが、実際には裁判所はこの法律を非常に狭く解釈しており、商標法に基づく偽造訴訟で成功するには、申立人が立証責任を負うことが決定されました。彼らは、商標がタイで知られたものであることを証明するだけでなく、被告が意図的に製品の出所について公衆を誤解させようとした意図があり、そのような不実表示によって申立人が損害を被ったことを証明する必要があります。裁判所は、知名度の高いステータスと極めて高度に誤解を招く意図の両方について証拠(すなわち、実際の損害賠償)の基準を設定した上で、損害賠償には具体的な証拠が必要であるとしています。知的財産の世界では誰もが知っているように、評判や信用へのダメージを具体的に評価することはほとんど不可能です。これはそのダメージが主観的なものであり、タイの裁判所は、製品が真の代替品であると考えないため、模倣品の販売額を具体的な損害とは見なしません。これは、タイ商標法の下での偽造行為は証明するのが非常に困難であり、立証責任の費用は大変高いことを意味しています。これが、タイの優れた知的財産の弁護士がクライアントに商標登録をするようにアドバイスし、商標法に基づいてより簡単に立証でき、コストがかからない直接的な商標侵害を追求できるようにする理由です。

ただし、タイでは、刑法第272条に基づく詐称通用に関する特定の法律が存在し、次のような行為は特に禁止されています。

「他者の取引で使用される名称、図案、標章もしくは文言を使用して、またはこれらを商品、パッケージ、包装、広告、価格表、商業通信文などに表示して、当該他者の取引であるかのように公衆に信じさせる」

上記のセクションでは、関連する市場セグメントに商標が知られていることを申立人が証明でき、商標が公の混乱を引き起こすような方法で使用されている限り、この法律の違反は公序良俗に反すると見なされるため、違反者は刑事責任を問われる可能性があります。これは特に侵害者がブランド所有者の商標を目立つように表示しただけでなく、ブランド所有者自身の純正素材から偽造品を製造した場合、それによって公衆の混乱を引き起こすと考えられ、証明をはるかに容易にします。この規定により、ブランドの所有者は、日本の不公正取引行為に基づいて申立人が取った措置のほんのわずかな費用で、またはランハム法で偽造品と見なされるものを再定義しようとする試みによって、ラ・カリフォルニアで偽造品が製造されたという理由で主張することにより、ジャンクマニア(Junkmania)やラ・カリフォルニア(LaCalifornien)のような侵害者に対する措置を講じるためのツールを得ました。ただし、実際には、事例が非常に明確である場合を除き、当局は訴訟に消極的であり、商標が明確に登録されており、侵害が明白な場合に訴訟を起こすことを好みます。

登録: 依然として最善の戦略

タイの刑法のおかげで、これらの未登録製品を所有するブランドは、公の混乱を招く可能性を証明する証拠の基準を満たしている場合に頼れるリソースがあります。マスクと偽造マスクは当分の間無くなることはないと考えられるため、ブランド所有者がマスクへの商標使用を予定しているか、単に防護標章として登録するかに関わらず、登録は最良の戦略です。侵害者に対して慣習法の使用が引用されている国においても、登録は執行に関する費用を大幅に削減します。タイでは、登録の費用は1回の訴訟にかかる費用のほんの一部にすぎません。顔または医療マスクに関する侵害やのれんおよびブランドの評判低下に対処するために登録費用を投資することは賢明な選択と言えます。

タイでは、登録を申請する場合に、商標の使用または使用意図は必須ではありません。商標が3年以上にわたり使用されなかった場合、商標は不使用によって取消される可能性がありますが、利害関係者のみが使用取消の申し立てを提出することができます。

COVIDによって課せられている現在の経済状況、および全顧客がコスト削減を検討している中、権利所有者、特にファッション業界やハイエンドの高級品市場のブランド所有者にできる最良のアドバイスとしては、たとえブランドのマスクを自社で製造する予定がない場合でも、タイにおいて顔または医療マスクの商標を登録することです。わずかなコストが、将来的に多くの手間を省いてくれます。顧客が依然として提出の価値を疑っている、または既に手遅れで早急に侵害者に対する支援が必要な場合は、当方にご相談いただくときかもしれません。ボトムライン登録は、ブランド所有者の執行コストを大幅に削減します。提出されたばかりの申請書でさえ、正しく使用されれば、十分に調査され、実行された製造停止を求める文書と共に、侵害者を怖がらせるのに十分な可能性があります。


パートナー、商標および訴訟責任者

Kritsana Mingtongkhum 氏の知的財産権業界での評判は飛躍的に高まっています。最近、同僚が2 期めとなる ASEAN IPA タイ委員会に選出され、 APAA 商標委員会のメンバーとして APAA 委員会に選出されました。そして、長年にわたるタイの知的財産協会(IPAT)へのボランティア奉仕の後、組織の書記長に任命されました。

彼は彼の勤労意欲と堅実なアドバイスを尊重するクライアントの間で人気があります。最近の新しい主要な地元のクライアントの多くは、彼の努力の直接的な成果であり、また日本の顧客にも非常に人気があり、新型コロナウィルス感染症の流行以前は日本を定期的に訪問しています。最近は日本の農林水産省でゲストとして講演しました。彼は、非常に多忙な商標部門の責任者であり、訴訟チームの責任者を兼任しながら、膨大な数の訴訟、拒絶通知、対応を監督しています。ちょうど昨年、彼は日本の「フォーチュン500」クライアントに代わって、タイ史上最大の特許差し押えのチームリーダーを務めました


業務担当副社長

バンコクのタマサート大学ロースクールを卒業したばかりのWood氏は、Satyapon&Partners Limitedに 3 年余り勤務しています。この会社には、業務および販売管理において 25 年以上の経験と、契約交渉、円滑化、起草および解釈についての豊富な経歴をひっさげて入社しました。彼は多作で成功した作家であります。同氏は法曹界に参加してから短期間で、国際商標協会(INTA)、『Managing IP』(知的財産権管理)誌、名高いSweet&Maxwell社などの多くの主要な知的財産権の出版物にすでに掲載されたり、投稿したりしています。

Wood氏はクライアントの目的を顧客目線で理解することにより、革新的な問題解決者および戦略家としての地位を迅速に確立することができました。同氏は規範通りに研鑽を積んだ強力な弁護士チームとも奏効する、貴重で独自のビジネスの視点を持ち込みます。

The material on this site is for law firms, companies and other IP specialists. It is for information only. Please read our Terms and Conditions and Privacy Notice before using the site. All material subject to strictly enforced copyright laws.

© 2021 Euromoney Institutional Investor PLC. For help please see our FAQs.

Related

Instant access to all of our content. Membership Options | 30 Day Trial