InternationalUSRemember you can easily switch between MIP US and MIP International at any time

What impact do TIER amendments have on technology transfer contracts?




Xuelan Yue of Liu Shen & Associates analyses the impact of the amendments to the Regulation on the Administration of Import and Export of Technologies on technology transfer contracts and how the provisions of the Contract Law affect such agreements

Background

This March, the State Council of China announced the amendments to a number of administrative regulations, including the Regulation on the Administration of Import and Export of Technologies (hereinafter referred to as TIER). The provisions regarding the mandatory infringement indemnification (Paragraph 3, Article 24), the ownership of improvements to licensed technology (Article 27), and the prohibition of restrictive clauses in technology transfer contracts (Article 29) are deleted.

We can understand more deeply the significance of this amendment to TIER in the context of China's recent adoption of the Foreign Investment Law.

The Foreign Investment Law was discussed and adopted at the National People's Congress held in March this year, which stipulated that "the state encourages technical cooperation based on the principle of free will and commercial rules in the process of foreign investment. The conditions for technical cooperation are determined by arms-length negotiation among the parties to the investment in accordance with the principle of fairness. Administrative agencies and their staff are prohibited from using administrative means to force any technology transfer". This clearly conveys a message that China intends to reduce administrative intervention in foreign investment and provide a fair and equitable investment environment.

The amendment to TIER is also based on the same considerations. By deleting the above three clauses, the restrictions on the specific content of technology transfer contracts are alleviated, allowing the parties concerned greater room for negotiation.

This amendment is also a positive response to international public opinion. Since the implementation of this regulation in 2002, there have been few instances where the above three clauses were enforced in the technology transfer practice of enterprises, but their content has caused many doubts and has been accused of imposing excessive obligations on foreign enterprises. In 2018, the United States filed a complaint against China with the World Trade Organization (WTO) asserting that some technology transfer measures violated the TRIPS Agreement, in part on the basis that the above three clauses of TIER provided fewer benefits to foreign rights owners than Chinese rights owners, which violated the principle of national treatment under TRIPS.

The revoking of these controversial provisions will help eliminate the concerns of foreign enterprises, implement the principle of national treatment, and optimise the foreign investment environment.

Application of laws after the amendment to TIER

As a special regulation for activities involving the import and export of technology, TIER applies specifically to international technology transfer contracts. However, after the above three clauses are deleted from the regulation, it is necessary to refer to the provisions of the Contract Law, a general law, when preparing the content of technology transfer contracts with Chinese companies.

The Contract Law is the basic law for regulating transactional relationships, which fully respects the autonomy of the parties, and adopts the principle that agreements of parties override the default rules. Therefore, although there are provisions in the Contract Law and related judicial interpretations that largely correspond to Articles 24, 27, and 29 of TIER, they are not mandatory provisions like TIER, but give the parties concerned the freedom to negotiate.

The following introduces the application of the corresponding provisions of the Contract Law in judicial practice based on specific cases in order to provide references for foreign companies when entering into technology transfer contracts with Chinese companies in the future.

Analysis of the corresponding provisions of the Contract Law

Infringement liability of the transferor

For the infringement liability of the transferor, the Contract Law provides that "where the exploitation of the patent or the use of the technological secret by the transferee in accordance with the contract infringes the lawful interests of any other person, the liability shall be borne by the transferor, except otherwise agreed by the parties". Obviously, the Contract Law allows the parties concerned to negotiate the allocation of infringement liability.

Many will recall the Wuhan Jingyuan v Fujikasui and Huayang case in relation to the infringement liability of the transferor (also known as the warranty against defects). In this case, Huayang (the transferee) and Fujikasui (the transferor) signed a technology transfer contract for a flue gas desulphurisation system, in which the parties agreed that the transferor would indemnify the transferee from any loss or penalty resulting from the infringement caused by the trademark, patent or copyright and/or related design used on the equipment provided by the transferor. Afterwards, Wuhan Jingyuan sued Fujikasui and Huayang for patent infringement of the desulphurisation system. The Supreme People's Court decided that Fujikasui and Huayang were liable for joint infringement and should bear joint and several liability according to the law.


The Contract Law provides that “any technology contract that illegally monopolises technology, impedes technological progress or infringes upon the technological achievements of others is null and void


The court concluded that Fujikasui committed an infringement on the ground that Fujikasui provided related equipment and participated in the installation thereof, instead of depending on the above contract clauses regarding infringement liability. Regarding the above agreement in the contract, the Supreme People's Court particularly stated in the judgment that "the assumption of such joint and several liability shall not prevent Huayang from legally exercising its right of recourse against Fujikasui in accordance with the contract for 'flue gas desulphurisation system' made and entered into between Fujikasui and Huayang. The original judgment was improper in exempting Huayang from the liability for damage in accordance with the provisions regarding the warranty against defects of right in the contract".

In another case involving a processing consignment contract, the court also made a similar judgment. Although there is consensus that in a processing consignment contract the client must warrant that its rights are legal and valid, and do not infringe upon the intellectual property rights of others, and that otherwise all liabilities arising therefrom shall be assumed by the client, the court held that this provision cannot take effect against a third party, and that the trustee may claim liability for breach of contract against the client in accordance with the provisions regarding the warranty for intellectual property rights in its agreement with the client, but the client shall be liable for the third party as the manufacturer of the infringing product.

It can be seen from these two cases that in infringement lawsuits, the court determines infringement liability based on the actual conduct of the parties, instead of the provisions regarding infringement liability in the contract. If there is an explicit agreement on the infringement liability in the contract, a party may file a lawsuit against the other party for breach of contract according to the contract, when the provisions of the contract will become the basis for judgment from the court. Therefore, it is necessary to reach a detailed agreement on the assumption of the infringement liability, the specific conditions for the liability, and how to assume the liability, when signing the technology transfer contract.

Restrictive clauses

The Contract Law provides that "any technology contract that illegally monopolises technology, impedes technological progress or infringes upon the technological achievements of others is null and void". Relevant judicial interpretation defines six specific behaviours, which basically correspond to the content of Article 29 of TIER.

In practice, few courts have found a contract invalid based on the above provisions of the Contract Law mainly because "it is difficult to ascertain the standards for monopolising technologies and impeding technological progress, so the court is cautious when applying this article". The court will judge whether a contract is "monopolising technologies and impeding technological progress" according to the specific content of the contract, instead of considering all clauses related to restrictive terms invalid.

In the Wu Qi v SLGO case involving a dispute over a technology contract, Party B (Wu Qi) and Party A (SLGO) agreed to jointly commercialise an anesthesia pump. According to the agreement, controller chips for controlling the anesthesia pump should be provided by Party B, and Party A shall not obtain controller chips with the same functions by other means. The court determined that this provision restricted Party A from obtaining similar technology from other sources, which violated the provisions of Article 329 of the Contract Law, and therefore was invalid.

In contrast, in the Dayang Company v Huanghe Company case, the court ruled otherwise. This case related to a dispute over a patent implementation licence contract. The patentee Huanghe Company signed a patent implementation licence agreement with Dayang Company for a stone forming machine. The two parties agreed that the stone forming machine would be provided by Huanghe Company. Dayang Company alleged that the patentee's purpose in granting a licence was to forcibly sell the equipment unnecessary for the implementation of the patent at a high price, which constituted "illegally monopolising technology and impeding technological progress", and therefore, the implementation licence contract should be invalid. The Supreme People's Court determined that the purpose of the disputed contract in this case was to grant a licence for the selling and the use of the patented product. The stone forming machine, as an embodiment of the patented technology, was the equipment necessary for achieving the purpose of the contract. Therefore, the agreement in the licence contract that the necessary equipment shall be provided by the licensor did not violate the law.

It can be seen from the above that the court judges the legality of the contract terms based the purpose of the contract, the rationality of the restriction itself, and whether such restriction will cause any consequences that impede competition. If a restriction is necessary and does not exceed reasonable limits, the court will not find it invalid.

Ownership of technological improvements

In contrast to TIER, which provides that all technological improvements belong to the party that makes the improvement, under the Contract Law, the parties can agree on the sharing of subsequent achievements in improving the technology, which undoubtedly gives the parties greater freedom to negotiate.

In the Wu Qi v SLGO case involving a dispute over a technology contract, the contract stipulated that the intellectual property rights of the new technology developed by improving the original technology in the process of product commercialisation shall be jointly owned by both parties. However, in the performance of the contract, Party A (SLGO) filed a patent application for the product in its own name. The court held that Party A breached the contract based on the above contents of the contract and that the patent should be jointly owned by both parties.

It can be seen from this case that if a party encroaches upon another's achievements in improving a technology, the other party can file a lawsuit for breach of contract. Therefore, it is necessary to stipulate in the contract in advance the method for sharing the achievements in improving the technology after the technology transfer, and as the premise and basis for such agreement, it is important to clarify in the contract the technological content involved in the transfer contract, as well as the meaning and scope of the improved technology.

Summary

The amendment to TIER has alleviated the burden of foreign enterprise when it comes to transferring technology to China, provided greater room for negotiation, and signified the importance of drafting contract terms. When drafting a technology transfer contract, it is necessary to clearly define the rights and obligations of both parties in accordance with the provisions of the Contract Law and relevant judicial interpretations, with reference to China's judicial practice and in line with the principle of fairness and reasonableness.


技術輸出入管理条例の改正による技術移転契約実務への影響

「技術輸出入管理条例」の改正は技術移転契約の実務にどのように変化を起こすか、契約法の関連条項はこれら契約の内容にどのような影響を与えるかについて、柳沈律師事務所 岳雪蘭弁護士が解説する

1. 背景

今年3月に、中国国務院は、技術輸出入管理条例(以下「輸出入条例」と称する)を含む、多くの行政法規の改正を発表した。輸出入条例における、技術供与側の権利侵害責任(第24条第3項)、改良成果の所有権(第27条)、技術移転契約における制限条項の禁止(第29条)などの条項が削除された。

ここ最近、中国では「外商投資法」が採択されたことを背景にして考えれば、今回の輸出入条例改正の重要性をより深く理解できるだろう。

外商投資法は、今年3月に開催された全国人民代表大会で審議され採択された。その中、「外商投資の過程において、国は自由意思の原則およびビジネスルールに基づく技術協力の実施を推奨する。技術協力の条件は、投資の各当事者が公平の原則に基づき、平等に協議を行うことにより確定する。行政機関およびその職員は、行政手段を用いて技術移転を強制してはならない」と定められている。これにより、中国は、外国からの投資への行政介入を減らし、公平で平等な投資環境を提供するという明確なメッセージが伝えられる。

輸出入条例の改正も同じ観点に基づくものである。上記3つの条項の削除によって、技術移転契約の具体的な内容への制限が緩和され、当事者により大きな交渉の自由度が与えられる。

今回の改正は国際世論に対する積極的な対応でもある。輸出入条例は、2002年に施行されて以来、企業の技術移転実務において上記3つの条項が適用された事例がめったにないが、条項の内容により多くの疑念が引き起こされ、外国企業に過度の義務を課すではないかと非難されていた。2018年に、アメリカは、中国の技術移転に関連する法規がTRIPS協定に違反するとしてWTOへ中国を提訴した。その根拠の一部は、輸出入条例の上記3つの条項により、中国権利者と比較して、外国権利者を不利に扱い、 TRIPSで規定された内国民待遇の原則に違反することが挙げられていた。

今回の改正により、論争の的になるだけで実質的な法律効力が発生していなかったこれらの条項を削除することで、外国企業の懸念を解消し、内国民待遇の原則を施行し、外国企業の投資環境を最適化することを支援すると期待される。

2. 輸出入条例改正後の法律適用

輸出入条例は、技術の輸出入活動を規制する特別法として、特に国際的な技術移転契約に優先的に適用されるが、上記3つの条項が削除された後、外国企業と中国企業の間の技術移転契約を締結する場合、上記3つの条項に関わる契約内容について、一般法としての「中国契約法」の関連規定を考慮する必要がある。

契約法は、取引関係を規制する基本法であり、当事者の自治を完全に尊重し、当事者間の合意内容が優先的に適用される原則を採用している。そのため、契約法および関連する司法解釈には、輸出入条例の第24条、第27条および第29条に類似する規定があるが、輸出入条例のような強制的な規定ではなく、当事者が自由に交渉することがを認められる。

以下、外国企業が中国企業との技術移転契約を作成する場合の参考として、具体的な判例に基づいて、契約法における関連規定が訴訟の実務においてどのように適用されるのを解説する。

3. 契約法の関連規定の分析

3.1 技術供与側の権利侵害責任

「技術供与側の権利侵害責任」について、中国契約法には、「譲受人が契約に従い特許を実施し、技術秘密を使用し、他人の合法的権益を侵害した場合、譲渡人が責任を負う。ただし、当事者が別途合意がある場合を除く」と定められている。すなわち、契約法によれば、当事者が権利侵害責任の分担を契約により決定することが認められる。

譲渡人の権利侵害責任(「瑕疵担保責任」とも呼ばれる)と言ったら、武漢晶源環境工程有限公司(以下、「武漢晶源」)は、日本の富士化水工業株式会社(以下、「富士化水」)と華陽電業有限公司(以下、「華陽電業」)を訴えた判例を思い出す人が多いかもしれない。この案件では、華陽電業(譲受人)と富士化水(譲渡人)は、「排煙脱硫システム」に関する技術移転契約を結んだ。契約では、「譲渡人が提供した設備に使用された商標、特許、著作権、及び/または設計により他人の権利を侵害し、譲受人に任意の損失あるいは罰金が発生する場合、譲渡人は、譲受人に対して賠償し、譲受人は如何なる賠償責任が免除される」と合意した。この契約が成立した後、武漢晶源は、華陽電業の脱硫システムが自分の特許権を侵害した理由で、富士化水と華陽電業に対して提訴した。最高人民法院は、富士化水と華陽電力は、共同侵害を実施したと認定し、法律により連帯責任を負うべきとの最終判決を下した。

最高人民法院は、富士化水が特許権侵害だと判断したが、その理由は、譲渡人の権利侵害責任に関する上記契約の合意ではなく、富士化水が脱硫システムの関連設備を提供し、システムの設置にも参加したなどの行為を行ったことだった。

上記契約の権利侵害責任に関する条項に関して、最高人民法院の判決では、「(共同侵害に関する)連帯責任の負担は、華陽電業が富士化水との間の「排煙脱硫システム」契約に従って、富士化水に対して追償権を行使することを妨げない。一審判決では、契約に定められた瑕疵担保責任に関する条項に基づいて華陽電力の損害賠償責任を免除することは、適切ではなかった」との意見が示された。

また、製造委託契約に関する別の事件((2016)粤73民初2248号民事判決書)において、広州知的財産法院も同様の判断を下した。かかる製造委託契約では、「委託者は、権利が有効であり、他人の知的財産権を侵害しないことを保証しなければならない。さもなければ、いずれの責任はすべて委託者が負うこと」について合意した。しかし、裁判所では、この条項は第三者に対抗する効力を発生しないと認定した。「受託者は、委託者との契約における知的財産権保証条項に従って、委託者の契約違反責任を主張できるが、契約当事者以外の第三者に対し、受託者は侵害品の製造者として侵害責任を負うべき」という旨の判決が下された。

これら2つの事件からみて、権利侵害訴訟では、裁判所は契約に定められた権利侵害責任に関する条項ではなく、当事者が実際に行った行為に基づいて侵害責任を決定することが分かる。権利侵害責任について契約には明示的な合意がある場合、契約当事者の一方は、契約違反との理由で別途相手方を提訴できる。その場合、契約の条項が裁判所の判断の根拠になる。

したがって、技術移転契約を結ぶ場合、第三者に対する権利侵害責任はどのように負担するか、責任負担の条件はどうなるのか、責任の分担方法などについて詳しく規定する必要がある。

3.2 制限条項の禁止

契約法では、「不法に技術を独占し、技術的進歩を妨害し、又は他人の技術成果を侵害する技術契約は無効とされる」と定められる。「技術契約紛争案件審理の法律適用に関する司法解釈」(法釈(2004)第20号)では、さらに6つの行為が特定されている。その内容は、基本的に輸出入条例の第29条に相当する。

実務上、裁判所は、上記契約法の条項に基づいて契約を無効とした判例が殆どなかった。その理由は、「技術を独占する、又は技術的進歩を妨害するとの基準を確定することは困難であるため、裁判所はこの条項の適用には比較的に慎重である」といわれている。裁判所は、このような案件に対して、制限に関連する条項をすべて無効にするのではなく、契約の具体的な内容によって、「技術を独占する、又は技術的進歩を妨害する」ことがあるかどうかを判断する。

技術契約に関わる、呉琦対SLGO会社の案件( (2007) 高民終字第592号民事判決書)では、当事者甲( SLGO)と当事者乙(呉琦) は、共同で麻酔ポンプを商業化することに合意した。この契約によれば、麻酔ポンプをコントロールするためのコントローラー・チップは当事者乙によって提供され、当事者甲は、同じ機能を備えたコントローラー・チップをその他手段によって取得できないと規定されていた。裁判所は、「この規定が、同様の技術を他所から取得することを当事者甲に対し制限するものであり、契約法第329条に違反するものである」と認定し、かかる規定は無効にすべきと判断した。

一方、大洋公司対黄河公司の事例((2003)民三終字第8号民事判決書)では真逆の判決が下された。この案件は特許実施ライセンス契約に関するもので、特許権者である黄河公司は、大洋公司との間に、石材加工機に関する特許実施ライセンスを締結した。契約では、石材加工機が黄河公司から提供されることに合意した。その後、大洋公司は、「特許権者はこのライセンスを結ぶ目的が、特許の実施には必要ではない機器を強制的に高値で売ることであり、「不法に技術を独占し、技術的進歩を妨害する」行為を構成し、したがって、特許ライセンス契約が無効である」との理由で提訴した。

最高人民法院は、「この案件にかかわる特許ライセンス契約の目的が、特許製品としての石材加工機の販売および使用行為に関する実施ライセンスを与えることである」と判明した。石材加工機は、特許技術を具現化する特許製品として、契約の目的を達成するには必要な専用設備である。ライセンス契約では、必要な設備がライセンサーによって提供される合意は、法律に違反していないと判断した。

上記事例からみて、裁判所は、契約の適法性について、契約の目的、 制限内容自体の合理性、 そのような制限内容が競争を妨害する結果を引き起こすものかどうかなどの状況に基づいて判断していることがわかる。制限条項は、必要性があり、合理的な限度を越えなければ、裁判所はそれを無効と認めることはあまりない。

3.3 技術的改良成果の所有権

契約法では、すべての技術的改良成果を改良を行った方が所有すると規定した輸出入条例とは異なり、技術的改良成果の所有権について、契約当事者が契約で定めることができると規定する。これにより、当事者に対してより大きな交渉の余地が与えられる。

上記した技術契約に関する、呉琦対SLGO会社の案件では、技術契約では、製品の商品化を実施する際に、契約にかかわる技術に対して更に改良を行うことでなされた新しい技術に関する知的財産権は、両方の当事者が共同で所有すると規定した。

しかし、契約の履行中に、SLGO会社は、自社名義のみで改良製品に関する特許出願を行った。これに対して、裁判所は、技術契約の上記合意内容に基づいて、SLGO会社が契約を違反し、かかる特許は両当事者によって共有すべきとの判決を下した。

この事例からみて、一方の当事者は契約の合意内容を違反して改良技術を自分のものにした場合、相手方が契約の内容に基づいて契約違反の訴訟を起こすことができる。したがって、技術移転が行われた後の技術改良成果をどのように共有するのかを契約に明確化にする必要がある。また、技術移転契約にかかわる技術の内容と、改良技術の意味および範囲を明確化することは、改良成果の共有に関する合意の前提と根拠になるので、契約に明確に定めることが重要である。

4. まとめ

今回、「輸出入条例」の改正は、外国企業が中国へ技術を移転する際の負担を緩和し、より大きな交渉の余地を提供している。そして、契約条件の明確化はより一層重要性が示されている。技術移転契約の作成では、中国契約法および関連する司法解釈の基づき、中国の司法実務を考慮しながら、公平と合理性の原則に従って、両当事者の権利と義務を契約に明確に規定するように契約を作成することが重要である。

Xuelan Yue 岳 雪蘭
 

パートナー | 弁護士 | 特許弁理士

Dr Yue is a partner at Liu Shen & Associates. She specialises in patent prosecution, invalidation and litigation. She also has extensive experience in providing freedom to operate (FTO) opinions, patent analysis and patent strategy counselling services.

Dr Yue qualified as a patent attorney in 2004 and as a lawyer in 2009. Before joining Liu Shen & Associates in 2006, Dr Yue was working in a Japanese patent firm. Now, as leader of the Japanese Group of Liu Shen & Associates, she mainly provides legal services to Japanese companies.

Dr Yue received a PhD in the mechanics of materials from Saga University in Japan and an LLM in IP law from John Marshall Law School in the US.

岳博士は、柳沈律師事務所のパートナーで、特許出願案件と共に、無効審判、訴訟案件を数多く取り扱う。更に、FTO調査、法律鑑定、訴訟戦略の策定業務でも広範囲な経験をもっている。

2004年特許弁理士、2009年弁護士の資格を取得し、日本の特許事務所での勤務経験をもっている。2006年柳沈律師事務所に入所して以来、日本語グループのリーダーとして、主として日本クライアントに様々な知的財産法に関するサービスを提供する。

岳博士は、米国のジョン・マーシャル・ロースクールで知的財産分野法学修士号(LLM)、日本の佐賀大学で材料力学の博士号を取得した。



Comments






More from the Managing IP blog


null null null

nullnullnull

null

July /August 2019

AI and IP: the view from above

Managing IP speaks to the directors of WIPO and the EUIPO to gauge their views on AI, asking how the technology can help the offices be more efficient and whether job losses are inevitable



Most read articles

Supplements